>Topics>プロによる管理がおすすめ!クリーニングした衣類は保管も任せよう

プロによる管理がおすすめ!クリーニングした衣類は保管も任せよう

洋服

クリーニングだけでなく保管も依頼できる

衣替えのためにクリーニングを依頼した後、困るのが保管場所です。戻ってきた服がクローゼットを占めていると着る服を選ぶのも大変になります。他の保管場所を探すくらいならクリーニングのついでに保管も依頼しましょう。自宅のクローゼットをすっきりさせることができます。

ドライクリーニングと水洗いの違いとは?

有機溶剤を使う

ドライクリーニングは簡単に言えば有機溶剤を使って汚れをはがすイメージです。水に濡らしたくない素材の洗濯や油汚れに向いています。

水溶性の汚れに強い

汗染みなど水溶性の汚れを落とすには水洗いが向いています。家庭での洗濯と原理は同じですがプロの技術を使って丁寧に扱ってもらえます。

クリーニング店で保管を依頼するメリット

クリーニングを依頼した後、次にその洋服が必要になるまで預けっぱなしにできます。わざわざクリーニング店と保管場所の間を往復する必要がありません。

クリーニング店での保管がおすすめの衣類5選

女性

パーティー用のドレス

着る機会が少ない上に家で洗濯するのは難しい素材でできていることが多いです。着た後預けておくだけで綺麗になっており、その状態のまま保管してくれるのは大変便利です。

ウインドブレーカー

スキーなどのウインタースポーツをする場面でしか着ないことが多く、寒い時期にしか使いません。かさばる素材なので保管を依頼しておくとクローゼットを圧迫しません

高級素材の服

皮素材や毛皮の服は管理が難しく保管状態が悪いとすぐに傷んでしまいます。保管サービスはその素材に合った最適な環境で保管してくれるので衣類を傷めません。

セーターやニット

虫に食われやすい服は預けておくのがおすすめです。通気性の良い環境で保管してもらうことによりタンスの中より格段に虫食いの確率が減ります。

飾りの多い服

アクセサリーやスパンコールがついている服はうまく保管しないとすぐに取れてしまいます。きちんと保管することにより次着るときもお気に入りの状態のままで着ることができます。

保管期限を忘れずに覚えておこう

保管期限は長くとも1年程度です。預けっぱなしで服の存在を忘れることがないように定期的に引き取るようにしましょう。

広告募集中